東京学生映画祭とは

東京学生映画祭とは、東学祭の名で知られる、日本最大規模の学生映画祭です。学生の製作した映像作品を全国から募集し、コンペティション形式でグランプリを決定しています。企画・運営全てが学生によって行われており、学生ならではの自由な発想や感覚を大切にしています。学生映画と映画界全体の振興に貢献し、映画を志す学生と映画界の架け橋になっていくことを目的としています。

過去の出身者には『EUREKA』青山真治監督、『アヒルと鴨のコインロッカー』中村義洋監督、『君の膵臓を食べたい』月川翔監督、『ちはやふる』小泉徳宏監督、『溺れるナイフ』山戸結希監督をはじめ、現在の日本映画界の第一線で活躍する多くの才能を輩出してきました。

近年では、第27回『雲の屑』(中村祐太朗監督)、第28回『溶ける』(井樫彩監督)、第29回『チョンティチャ』(福田芽衣監督)や『赤色彗星倶楽部』(武井佑吏監督)、第30回『中村屋酒店の兄弟』(白磯大知監督)など、日本のインディーズ映画界を賑わせた学生映画を先駆けて紹介してきました。

32回目を迎える2021年は、「わたしはいま可能性をみてる。」がスローガンです。
最高峰の学生映画18本、加えて今を彩る映画作品をお届けします。
豪華ゲストも多数、来場します。

10/19~23、会場は渋谷ユーロライブとLOFT9です。

皆さまのご来場を、心よりお待ちしております。

第32回東京学生映画祭企画委員会

第32回東学祭開催概要

名称:第32回東京学生映画祭
主催:第32回東京学生映画祭企画委員会
会場:渋谷ユーロライブ(10/19 - 22)、LOFT9 Shibuya(10/23)
上映作品数:東学祭コンペティション部門・・・18作品
協賛:株式会社フェローズ
シネマプランナーズ
DOKUSO映画館
ニューシネマワークショップ
後援:一般社団法人日本映画製作者連盟
一般社団法人日本映画テレビ技術協会
特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
特定非営利活動法人ジャパン・フィルムコミッション
協力:アジア国際青少年映画祭
学習院大学新聞社
株式会社GYAO
株式会社ニチホランド
株式会社ビデオマーケット
京都国際学生映画祭
国際和解映画祭
シネマディスカバリーズ株式会社
SHIBUYA TSUTAYA
首都圏映画サークル連合
東京国際映画祭
東京国際映画祭学生応援団
東京フィルメックス
TOHOシネマズ学生映画祭
U-NEXT